ニキビ跡消す方法@簡単美肌ランキング

ニキビ跡にお悩みのあなたへ

23簡単には消えてくれないニキビ跡にお悩みではありませんか?

誰しも一度は悩んだことのあるニキビ、そしてニキビ跡。
女性にとってニキビ跡は天敵といってもいいでしょう。
何をしても消すことのできないニキビ跡に諦めを感じている女性も少なくないのでは?

しかし、しっかりとしたニキビ跡専用の商品を使えば、ニキビ跡は自宅で簡単に消すことができるのです。
このサイトでは、ニキビ跡の正しい対策・予防方法のほか、本当に効果のあるニキビ跡の専用商品をランキングでまとめました。
ぜひ、あなたのニキビ跡対策に参考にしてみてください。

ニキビ跡を簡単に消すことをできる専用商品ランキング

簡単ケア商品NO1.リプロスキン

11

リプロスキンの特徴

リプロスキンは、一時的に肌のPHを変化させて肌表面に残った角質を柔らかくし、美容成分の浸透力を高める導入型柔軟化粧水です。
リプロスキンによって、肌の再生力が促され、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルに負けない健康で美しい肌を作る効果が期待できます。

さらに、保湿効果のある、ホメオシールド、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、ダーマホワイトや、美肌効果のある酵母エキス、イソフラボン、アロエエキス、ゼニアオイエキスなどの美容成分がたっぷり配合されており、肌に浸透しやすいようナノサイズで凝縮されています。これらの成分が作用し、肌のターンオーバーが整えられ、ニキビやニキビ跡を消す効果を発揮してくれるのです。

リプロスキンのおすすめポイント

リプロスキンは、1本でニキビ跡が簡単にケアが出来る商品ですので、あれこれと揃える必要はありません。自分が普段使っている化粧水や乳液と一緒に使用可能です。他のケア用品と組み合わせる事でさらなる効果が期待できます。また安心の120日間返金保証制度が有りますので、効果が不安な方や肌が合うかどうか心配な方も、安心してゆっくり効果を確かめながら使用できます。

リプロスキンの口コミ情報

リプロスキンは使い続けてみようと思います

20代 女性 主婦
ニキビ跡が赤く残ってしまうのが悩みだったので、ネット上で評判だったリプロスキンの化粧水を使い始めました。
定期購入で安くなるので、お得です。
使い心地はサラリとしていて、たくさん付けてもベタつきません。すぐに、肌に染み込む感覚が有ります。
ニキビ跡は、使い始めて1ヶ月くらいで段々薄くなってきました。陥没跡は徐々にふっくらしてきました。まだ少し赤みは残っていますが、使い続けてみようと思っています。

リプロスキンの効果はばっちりでした。

30代 OL
今までいくつかのニキビに効果のある製品を使ってきたのですが、肌に合わないのかどれも大した効果は得られず、正直悩んでいました。しかし今回使ったこのリプロスキンは違いました。使っていくうちにみるみる肌が綺麗になっていくのです。今ではもうあのニキビ面の面影なんか感じさせないくらいつるつるの肌を手に入れる事ができました。この肌を維持していくためにこれからは健康を意識した生活を心掛け、リプロスキンでしっかりケアをしていきたいです。

簡単ケア商品NO2.ベルブラン

12

ベルブランの特徴

ベルブランは簡単には消えないニキビ跡専用の美容液です。
ベルブランにはカンゾウの根から抽出した植物エキスである、油溶性甘草エキスをナノ化した状態で配合されており、これによって肌の通り道を作り、有用成分を肌の奥まで徹底導入させる効果があります。

さらに、メラニンを抑制するトラネキサム酸や、アルピニアカツマダイ種子エキス、メラニン排出を促すカモミラエキスの3つの美白成分も配合され、透明感あふれるお肌に導いてくれます。

この他にも、ニキビの炎症を鎮めてくれるグリチルリチン酸ニカリウムや、ニキビによる肌のデコボコもキレイに消してくれる水溶性コラーゲンとスターフルーツ葉エキスも配合されているので。、ニキビを繰り返さない健康で美しい肌にしてくれる効果もあります。

ベルブランのおすすめポイント

合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンといった添加物を使用していないため、肌に刺激を与えず優しく作用します。敏感肌の方でも安心して使用ができます。
また自分の肌の状態によって購入コースが選べるので、とりあえず試してみたいという方や、じっくり試して効果を実感したい方にオススメです。コストパフォーマンスも高く、各コースごとに様々な特典もあるので、ぜひ1度試してもらいたい商品です。

ベルブランの口コミ情報

ニキビ跡だけでなく、肌全体が白くなった?

30代 女性 会社事務
テクスチャーはとろっとしていますが、浸透率はいいです。
ぐんぐん肌に染み込んでいく感じがします。
使い始めてから約一ヶ月で、肌全体が白くなりました。
だけどニキビ跡が目立っていないので、一緒に色が薄くなっているんだと思います。
ファンデーションでカバーできる程度になっただけでも嬉しいです。
ちょっとお高い商品ですが、これを使うようになってからクリームいらずになったので、コスパはいいと思います。

簡単ケア商品NO3.薬用RG

14

薬用RGの特徴

薬用RGアクネ&スキンケアセットは、ニキビ跡を消すことに加えて、滑らかな肌へと導いてくれるスキンケアセットです。
薬用RGアクネケアは、朝用のローションで、ニキビの炎症を抑える働きがあり、さらに高い保湿効果で柔らかく滑らかでニキビの出来ない肌に導きます。薬用RGスキンケアは夜用のローションで、日中に受けた紫外線などのダメージを受けた肌を保護し、メラニンを抑制してニキビ跡を消していってくれるほか、シミやソバカスも予防し、透明感のある美しい肌へ導いてくれる効果があります。

また薬用RGアクネケアと薬用RGスキンケア両方に含まれる水溶性コラーゲン液が肌を柔らかくなめらかにし、エステサロン級の美肌ケアをしてくれます。

薬用RGのおすすめポイント

薬用RGアクネ&スキンケアセットは、安全にこだわり、肌にダメージを与えるアルコールや防腐剤等を一切使用していないので、肌が弱い方でも安心して使用できます。

また、エステサロンと同等のケアが簡単に出来る、朝用と夜用二つのローションのセットが、1ヶ月5000円未満で試せるコストパフォーマンスの良さと、始めて使用する方でも安心の30日間返金保証制度がありますので、気軽に試せると思います。

ニキビ跡を簡単に消す方法

ここでは、それぞれのニキビ跡の具体的な対策方法を紹介します。
あなたのニキビ跡にあった対策方法をチェックしておきましょう

赤みを帯びたニキビ跡を簡単に消す方法

赤みを帯びたニキビ跡は、肌が正常に保たれていない事を意味しているので、スキンケアを見直す必要があります。

赤みを帯びたニキビはまだ軽傷のほうなので、ニキビ用化粧水などで早めにお肌を整えてあげるケアが大事になってきます。
そうしたケアで、ある程度は解消されてくると思います。

若いうちは、触るのを我慢すれば自然に治っていく事も多いですが、大人になるにつれて新陳代謝が悪くなるので、様子を見る前に皮膚科に行く事をお勧めします。

赤みを帯びたニキビ跡の予防方法

赤ニキビの予防法としては、ニキビを絶対につぶさない事、洗顔料やシャンプー、服が顔に付く事があるので洗濯洗剤など、肌に優しいものを使う事を心がけて下さい。

最近は無添加の商品がたくさん出ています。ぜひ自分に合った商品を見つけて下さい。
更に、お風呂に入った際には、シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなど顔に触れる物がたくさんあります。

出来ればそのようなものも無添加の物を使うと良いでしょう。
一番大事なポイントは、注ぎ残しが無いようにしっかりと洗い流す事が大事です。
少しでも残っていると、それが肌に触れてニキビの原因になってしまいます。

茶色い色素沈着のニキビ跡を簡単に消す方法

茶色い色素沈着のニキビ跡とは、いわゆるシミと呼ばれるものです。
茶色いシミがたくさん出来て困っているっていう方はたくさんいますよね。

茶色いシミになる原因はメラニンが関係しています。
では、メラニンを改善するにはどうしたら良いのか。
それは美白成分が含まれる美白化粧水を使う事でシミが目立たなくなってきます。
美白化粧水なら何でも言い訳ではなく、自分に合った美白化粧水を使う事が大事です。

お風呂上がりに、化粧水や乳液をたっぷりつけること、
その際に自分に合った美白化粧水を使う事が有効です。
更にシミのある気になる部分は、美白成分がより濃厚につまった化粧水をたっぷり使う事でより効果を実感できるはずです。

シミを消す為に、美白化粧水と一緒にピーリング化粧水を使う事がよりシミ対策を向上させます。
ピーリング化粧水は酸性の薬剤を使って古い角質を溶かします。

茶色い色素沈着のニキビ跡の予防方法

しかしピーリング化粧水は使いすぎると逆効果になります。
使いすぎるとお肌にダメージを与えすぎる事があるので、週に2度くらいがベストです。
また目の周りなど皮膚が薄い部分には控えて下さい。

直したい為にしっかりとケアをしたい気持ちも分かりますが
使い方を間違ってしまうと悪化させてしまうので十分気をつけましょう。

クレーター化したニキビ跡を簡単に消す対策方法

クレーター化はニキビが化膿して悪化すれば悪化するほどニキビ跡になり、
最終的にデコボコしたクレーター状態になると言われています。

クレーター状態になると完治するのは難しいと言われています。
ではクレーター状態にならない為にはどうしたら良いか。

ニキビは決してつぶさない

ニキビは決してつぶしてはいけません。
ニキビを潰す事によって雑菌が入ります。
雑菌が入ると肌が炎症を起こし、炎症が悪化すると炎症が広がらないように
活性酸素が発生し、ニキビの周りの肌もキズ付けてクレーター状態になってしまいます。

洗顔はやりすぎない

洗顔はやりすぎないでください。
ニキビを出来ないように肌を清潔に保つのはもちろん大事ですが、
洗いすぎてしまうと肌の角質層まで洗い流してしまい、余分な皮脂をさらに分泌させて
しまいます。

洗顔後はしっかり保湿する

洗顔のあとはしっかりと保湿して下さい。
皮膚が詰まってしまうと肌がゴワゴワしてしまったりします。
しっかり保湿してあげる事によって、皮膚がもっちりとやわらかくなり
皮膚がつまりにくくなります。

ビタミン類を摂る

ビタミン類をしっかりとるのも大事です。
皮膚の炎症を抑える効果があるビタミンB2、免疫力をあげてニキビを作りにくくするビタミンB6
色素沈着を防ぐビタミンC、血行を促進する効果がありニキビ跡の赤みを解消する役目があるビタミンEなどです。

しこり化したニキビ跡を簡単に消す方法

しこり化してしまう理由は、ニキビによって真皮や皮下組織までダメージを受けてしまうからです。

肌は再生化機能をもっているので、元に戻ろうと頑張っているうちにしこり化してしまうのです。
ニキビが悪化している期間が長い人ほどしこり化する可能性が高まります。

ここまで来ると皮膚科に行くのが一番です。
しかしホームケアをする事も出来ます。

とにかく刺激を与えない事です。
刺激を与えてしまったら他にも刺激がいき、どんどんしこり化が増えて行ってしまいます。
とにかくそっとしておきましょう。
ピーリング化粧水を使う人も多いですが、ここまでくるとピーリング化粧水でも効き目はありません。
ピーリング化粧水は成分が弱く、真皮の部分まで届きません。
しこり化した人には難しい化粧水です。

とにかくしこり化したら、栄養がしっかりあるバランスのよい食事に心がけて体調面を整えて下さい。
体調面がよくないとターンオーバーも低下してきて更に新しいニキビを作る事になります。

しこり化したニキビ跡の予防方法

これ以上肌を清潔に保つためには栄養バランスの整った色地面が大事になってきます。そうすることでターンオーバーを保つ事が可能です。

ビタミンやミネラルを積極的にとる点を心がけて下さい。

ケロイド化したニキビ跡の簡単対策方法

ケロイド化までしてしまうと、簡単に消す事は難しくなってきます。
ケロイド化しない為にも食事面を気を付けて下さい。

ケロイド化したニキビ跡の予防方法

常にターンオーバー出来る状態を保ってあげなければなりません。
たんぱく質を欠かさずにとって下さい。
オメガ3脂肪酸などの良質な脂質をしっかりと摂取して下さい。
亜鉛やビタミンなどをしっかり取って下さい。
加工食品、ファーストフードなどは栄養にはなりませんし、体に悪いので
極力控えて下さい。

あとは食べ物だけでなく、運動も心がける事が必要です。
体に負担をかけない程度の軽い運動で良いのです。
それがストレス解消にもつながって体を正常に保ってくれます。

あとは睡眠も大事です。
眠りに就いた3時間後が一番ターンオーバーが活発になります。
成長ホルモンが一番に活発になるからです。

成長ホルモンをより分泌させる為に、就寝の2時間前までには食事は控えましょう。
とにかく寝る前は血糖値を下げる事が大事なのです。
もし血糖値が上がっている状態ならば、軽い運動をして下げる事が大事です。
お風呂も寝る1時間前には入りましょう。
しっかりと体をあたため、寝るときには体温が下がっている事が大事です。
寝る前にはパソコンやスマホを見たりする事がありますが、それは脳が活発になるので
ねえる前には控えた方が良いでしょう。

ケロイド化する前にしっかり自分で体を整えてあげましょう。

ニキビ跡を根本から消す4つの生活習慣

最後に、ニキビを予防してニキビ跡を根本から消す生活習慣を紹介します。

ランキングで見ていただいたようにニキビ跡に特化したさまざまな専用商品があるので、
それを使うのも一つの手ではあります。

ですがが、やはり一番の解決方法はニキビができないようにすることです。

そのためにも、ここではニキビを予防するのに効果的な4つの生活習慣を紹介していこうと思います。
ぜひ、根本の生活習慣を見直してニキビ知らずの体を手に入れましょう!

ニキビ跡を根本から消す方法1. 睡眠をしっかり取る

34頑固なニキビ跡は、簡単には治りにくいものですが、生活習慣を見直す方法で肌のターンオーバーをスムーズに促進して綺麗な状態へと導きます。
良い生活習慣の第一歩は十分な睡眠時間の確保です。
肌のターンオーバーとは、皮膚の細胞が定期的な周期で新しく生まれ変わっていくサイクルのことです。
このサイクルが乱れると表面の角質細胞が剥がれ落ちずに肌に残ったままの状態になってしまいます。
角質層が分厚くなり、毛穴がふさがってしまいます。また、毛穴の中に皮脂や角質が詰まったままになります。これでは、ニキビ跡を綺麗に消すために努力しても肌は答えてくれません。

肌のターンオーバーを助けるためにも睡眠時間を十分に取り、細胞活性化にすることが大切なのです。

ポイント:ゴールデンタイムを意識する

肌の活性化の時間帯は夜10時〜夜中2時の間が肌のゴールデンタイムと言われています。
この時間帯に熟睡状態になっている状態が大切です。睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。
レム睡眠は浅い眠りの状態で、ノンレム睡眠が深い眠りの状態です。ノンレム睡眠に肌細胞が活発化します。
どうしても仕事の都合で無理な方もいるかもしれませんが、その方は睡眠のリズムを大切にする点を心がけて下さい。

ニキビ跡を根本から消す方法2. 「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

01食事から多くの肌に良い栄養を吸収して、ニキビ跡を消すためのケアをしましょう。
良質なたんぱく質は、肌のターンオーバーを正常化させてくれます。
たんぱく質は、低カロリーで、肌を瑞々しく保ちます。
主な食品に鳥のささ身や豆腐、納豆、大豆、魚介類などがあります。
特に植物性のたんぱく質は、便秘の改善に繋がることで、肌あれをなくして、結果的にニキビ跡を消すことに繋がります。
食事に定期的に取り入れたい栄養です。大豆やささ身のサラダや豆腐、納豆などは毎日の食事にも手軽に活用してほしいものです。

ポイント:ビタミン類はニキビに効果大!

また、ビタミンB2は不足すると、肌が脂性になってしまいニキビが増える可能性があり、ニキビ跡が悪化する恐れがあります。
また、ビタミンCはシミのように色素沈着しているニキビ跡に効果を発揮します。
メラニン色素を抑えたり、抗酸化作用もある為、免疫力を高めたりします。
ビタミンEは肌の酸化を防ぎ、免疫力を高めます。果物や野菜類に多く含まれます。
ビタミンB2は卵や海藻類、乳製品に多く含まれています。
ビタミンCは、緑黄色野菜や芋、果物に、またビタミンEは、レバーやカツオに多く含まれています。

このように、たんぱく質やビタミン類を積極的に摂取することでニキビ跡を消すのです。

ニキビ跡を根本から消す方法3. 適度に運動をする

20運動不足は、血液の循環を悪くさせるだけでなく、肌の抵抗力を下げて肌トラブルの原因となります。
ですから、ニキビ跡にも決して良いとは言えません。
適度な運動を心がけることで、新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーを助けます。

また、血行が良くなることで、皮脂腺が開きます。
すると、皮脂の分泌が活発になります。活発になるとニキビが出来やすくなってしまう気がしますが、決してそうではありません。
過剰に出た皮脂を取り除くスキンケアをすることで肌が綺麗になり成長を促進するのです。

また、適度な運動は体のストレスをなくします。
ストレスが肌荒れの原因になる場合もあるのでそういった意味でも運動はニキビ跡解消に一役かうのです。

ポイント:過度な運動は逆効果になる場合も

しかし、過度な運動はかえってよくありません。
激しい運動によって活性酸素が体に働きかける事で肌に悪影響を及ぼします。
肌を酸化させてニキビ跡を傷つけるのです。
ゆっくりとウォーキングを行うなど汗をダラダラとかかない程度の運動が望ましいものです。

ニキビ跡を根本から消す方法4. 紫外線対策をする

50紫外線対策を取らずに外に出ると、メラニンが形成されて皮脂を酸化に導きます。
また、ニキビ跡がシミのように残りやすくなってしまいます。紫外線の中にはA波とB波があります。
A波は肌の真皮まで影響を及ぼし、肌の乾燥を招いてしまうのです。
乾燥した肌はニキビ跡に大きなダメージを与えます。

また、B波は、活性酸素を発生させてニキビの炎症を悪化させます。
その為に、紫外線対策はニキビ跡のケアに重要だと言えます。

ポイント:日焼け止めをキレイに洗い落とす

紫外線を予防する日焼け止めには、敏感肌用やニキビ肌用の製品をお勧めします。
また、一日の終わりには必ず、クレンジングで肌に残っている日焼け止めを綺麗に洗い流すケアも簡単ですがとても大切です。

クレンジングには、オイルクレンジングやクリームタイプなどがあります。
使用する際の注意点として、綺麗に洗った手で泡立ててから顔に優しく馴染ませてください。
オイルタイプの商品でも手の平で先に空気と馴染ませることでふんわりしてきます。
ふんわりとさせることで、皮膚に負担をかける心配なく適切なクレンジングが行えます。

直接、クレンジングを顔につけないでまずは手の平からを実践してみて下さい。
毎日の紫外線対策とクレンジングですので、肌に優しいケアを行いたいですね。